• 通信販売のシステムについて

    テレビやインターネット、雑誌でも見かけることが多い通信販売ですが、システム的にはここ数年で革新的に効率が良くなったと言われてます。

    通信販売のシステムは小規模から大規模まで基本は一緒です。

    注文を受け取り、商品を発送し、代金を受取る事になります。

    待望の交通費精算システムが広く知れ渡ってきました。

    商品は無限ではないので在庫管理がとても大事です。大規模なシステムの場合在庫管理システムと通信販売のシステムを連動させるために専用線をひいて対応するところもあったようです。



    しかし、インターネットが高速化され、クラウドサービスも充実してきたことでこれまでの仕組みからさらに効率化が図られるようになってきました。特に変わったのがクライアント側です。
    これまで在庫数がリアルタイムででなかったこともあったようですが、通信販売会社によっては売れ筋の商品を表示して、注文の電話を受ける際に合わせて紹介したり、テレビやラジオでリアルタイムに在庫を表示することで購買を煽ることも行えるようになってきています。



    また、顧客の購入履歴がすぐに見られるようになったことでクレーム時の対応が素早く行えるなど、顧客サービスの充実が図られています。