• インバーター蛍光灯の調光システム

    皆さん、室内に設けている蛍光灯ですが、ご自分のお宅の種類というものをご存知ですか。


    今ですと、おそらくインバーター式蛍光灯と言うものを用いられていると思われます。

    交通費精算システムの情報を調べてみましょう。

    このインバーター蛍光灯と言うのは、中にコンピュータが内蔵しているシステムでして、明かりの調光を変えられるものです。


    つまり、本来、蛍光灯の本数で、明かりを調光するものだったのですが、明かりの強さそのものを調整できるものなのです。
    これは、当初オフィスなどで使用されていたのですが、今では家庭向け蛍光灯のほとんどを占めるものになっています。
    この蛍光灯により、使用が古くなると、ちらつき画発生していたものを、使用限界まで持ちこたえる事ができるようになったのです。また、LED照明を使っていると言う方もいらっしゃるとも思われます。
    このLED照明というシステムは、あの有名な青色発光LEDが登場し、現れたものです。



    この方式により、照明の中で、各色を自由に発色できるようになりましたので、そのときの雰囲気に合わせて色そのものの調光が可能になりました。



    これにより、食事をするときはこの色、団欒のときの色、テレビを見るときの色、眠るときの色。


    など、その場にあわせて自由に明かりの色を変えることができるようになりました。また、色だけでなく、光の強さも変えることが出来るので、机に向かうときと、眠るときの色の強さを変える事が出切る様になりました。
    この様に、今では調光するというシステムは、ほぼ当たり前になりつつあるようです。