• システムのテストについて

    システムのテストは主に4つの段階があります。

    1つ目はプログラマが行なうテストです。


    このテストは単体テスト、UNITテストとも呼ばれ、各プログラマがコーディングした内容が仕様書に沿ったものとなっているかがチェックされます。
    Unitテストでは機能自体のテストではなく、あくまでも仕様書通りに作成されているかが重要視されます。

    この段階で仕様書の不備がある場合にはテストが中止され仕様書等の見直しとなります。

    単体テストが終了すると次は結合テストが行なわれます。

    結合テストは複数のプログラムを走らせ、ある一定のモジュールが適切に動くかがテストされます。

    交通費精算システムを知りたいならご活用ください。

    特にシステム内部でやりとりされる入出力データについては厳しくチェックされます。
    結合テストが終わるとシステムテストとなります。


    このテストでは開発チーム内で本番で使うサーバにて実際に稼働させてチェックされます。



    この段階ではほぼ本番と同様であり、実際のデータを利用して稼働時間についてもチェックされます。
    とくに速度が出ていない場合には予定速度前調整が繰り返されます。



    その後、運用テストとなります。

    運用テストでは利用者も含めて本番と同じ環境で行われ、ハードウエアもこの時点で納品となります。

    運用テストでは納品先で確実に動くことがテストされます。

  • 交通費精算システムのテクニック

    • テレビやインターネット、雑誌でも見かけることが多い通信販売ですが、システム的にはここ数年で革新的に効率が良くなったと言われてます。通信販売のシステムは小規模から大規模まで基本は一緒です。...

  • 読めば解る交通費精算システム

    • 皆さん、室内に設けている蛍光灯ですが、ご自分のお宅の種類というものをご存知ですか。今ですと、おそらくインバーター式蛍光灯と言うものを用いられていると思われます。...

  • 交通費精算システムの知っておきたい情報

    • 今のいわゆるデジタルテレビは、双方向受信と言われています。それにより、dボタンでその細かい地域の天気予報などの情報まで取得できるようになりました。...

  • 交通費精算システムの身に付けたい知識

    • 基盤システムにもクラウドを利用する案件が増えてきてます。基板システムといえば重要なデータや不具合があっては行けないシステムでもあり、社外にサーバを置くことは避けたいと考える事業者が多かったようです。...